全身毛深くて毎日処理する日々。

もともと、小さい頃から眉毛が濃く、髪の毛もおおかったのですが、思春期、特に生理が始まってから、めきめきと、手、脚、脇、指、顔、陰部といった感じで前身毛深くなってきました。

高校生なので、制服から見える膝下は特に嫌でした。また、夏は腕、脇の毛も気になってしょうがなくはじめは、足は剃っていたのですが、逆に濃くなって、毛抜きで毎日抜く日々がはじまりました。

まず、眉毛は、細眉がはやっていたのにも、関わらず、とても剛毛で生えなくていいところに生えてくるので2~3日に一回は毛抜きで整えていました。

毛抜きで毎日抜くのが大変だったのは膝下です。カミソリで剃ると翌日にはチクチクしていたので、毛抜きで毎晩抜いていました。

あと、毛抜きで処理していたのは脇です。相当な剛毛でカミソリでは黒ずみやポツポツが解決しなかったので、三日に一回は抜いていましたが、よく、首がいたくなっていました。

腕と顔はカミソリ剃るとなんとかなっていたのですが、とにかく、毛の処理には時間がかかり、ストレスだし、コンプレックスだし、周りの友達がすべすべのきれいな肌をしているのが羨ましく思っていました。

20歳を過ぎて彼氏ができてからも、毛の処理には大変困りました。特に陰部の、処理は今まで放置していたのですが、彼氏に毛が多くて長くて濃いと指摘されて、とても恥ずかしい思いをしたのと、処理しないといけないんだと初めて知りました。毛抜きで抜いてみると激痛が走ったので、すぐにあきらめてしまいました。

デートまえは必ずカミソリで入念に剃りました。カミソリも、少しお高い、深剃できるタイプのものにしました。陰部は剃って何日かして、生えかけの時が非常に痒くなり、悩みでした。かぶれたこともありました。それでも耐えて処理し続けています。

でも彼氏のために脱毛に通うことを決めました。将来のことも考えて安い脱毛サロンを探しています。このサイトだとランキングがあるので見やすいです。姫路市にも意外といっぱい脱毛サロンがあるんですね。

 

急な出費の更新料で払い忘れを無くす方法

生活の中で厄介になってくる出費と言えば、カードの更新料、NHKの受信料の更新料など普段は忘れているけど急にまとまった額(3000円~10000円程度)が必要となったときはないでしょうか。

お給料から毎月やりくりしながら順調に生活していたものの、急に15日前後に郵便物に封筒が入っており、確認したら更新料の引き落とし、又は支払い用紙が届いていたということありますよね。

月末までのお金の計算をしていたのに、急な出費でどうしようか悩んだ経験をしている人も多いと思います。そんなとき、有効な手段として、「普段から忘れたかのように少額を封筒に入れて家に隠しておく」ことです。

例えば給料日に銀行から3000円だけ封筒に入れておき、家のどこかに隠しておきます。銀行に預けておくと通帳を見た時にパッと浮かんでしまって使ってしまう恐れがありますが、家の中のどこかに隠しておけば日常の中で思い浮かんでくる可能性も低いです。

毎月3000円ずつ封筒に入れて家の中に隠しておくことによって、いざ急な出費があった時に隠し預金として使うことができます。

隠し場所としては普段からあまり手に触ることのない本の間に挟んでおくことや、季節が異なる服を入れている引き出しの中、昔のアルバムなどが閉まってあるタンスなどが適しています。

普段から目に見える場所や手に触れる場所だと、触れることによって封筒があることに気が付いてしまう恐れがあるのでなるべく面倒だと感じる場所に隠しておくことが重要になってきます。

給料日に少額を隠すという行動も重要な一つとなります。毎月、余った分を隠し預金に回すという意識だと、普段の急なコンビニでの出費や飲み会などで消費してしまう恐れがあり、最終的にお金が残っていなくて隠し預金に回せません。

だからこそ、給料日のその日のうちに少額を毎月隠し預金することで、本当にそのお金がなかったかのように1か月を送ることができます。

そうしておけば急な更新料の用紙がきても、ふと隠し預金の存在を思い出し、困ることなく支払いができるようになりますので、ぜひ給料日の小学隠し預金を試してみて下さいね。

実は、学生の頃に学生ローン(参考サイト※学生お金を借りる)でお金を借りたことがあるんです。この時の教訓を生かして、今ではお金を借りないように気をつけています。

なので、少額でも貯蓄していくことは大事です。

父の遺伝で剛毛体質です。

父は10代の頃から既に胸毛があり、成人する頃には体中に体毛が生えてしまった様です。そして、その剛毛は兄では無く女である私に立派に引き継がれてしまいました。

中学生の頃から腕や足の毛が多く、からかわれない様にと剃ったり脱色して誤魔化していました。

ところが、剃って刺激を与えてしまったのか体質なのか歳を取るにつれてどんどん太く黒くなり、あろうことか20歳を過ぎたあたりから顎に数本男性の様な髭まで生えてくる始末。

この髭は抜いても抜いてもしつこく生えてくるどころか本数まで増えてきました。化粧をすればファンデーションで隠れますが、素顔だとほくろの様に抜いた跡に残った毛が鎮座しています。

それどころか、たまに見逃した毛が顎からピロっと生えており、誰かに見られたかもとヒヤヒヤする日々を送っています。

そして、脇の毛は夏場になると剃ってもまるで髭の濃い男性の髭剃り跡の様に黒く見えてしまい、コンプレックスで半袖を着て外出する事が出来ません。

一度、ブラジリアンワックスで脇の毛と足の毛を引っぺがしてみた事がありますが、脇の毛は太く丈夫だった為に流血する始末。

毛は抜けたものの黒ずみは残っていました。足の毛は予想よりもいい感じに脱毛することが出来ましたが、皮膚にはやはりダメージがある為頻繁に使用する事は出来ず、大抵剃っています。

足は普段パンツスタイルが多いためか埋没毛になり易く、お風呂に入った時などに爪で埋没毛を取ってみるものの赤く跡になってしまい、ケアが大変です。

剃ると普通の女性はチョリチョリする位ですが私の場合はジョリジョリしていて足に触れられるのがとても嫌です。そして、当然のごとくVIOラインも剛毛ですのでエチケット手入れも大変です。

除毛クリームで手入れするも冬場は寒く完全に除毛出来る訳でもなく、結局剃って細部処理。家庭用の脱毛器を買ってみたものの、あまり効果もなく痛いだけなのでお金の無駄に。

病院やエステでの脱毛に行ってみたいとは思うもののあまりの毛の濃さに恥ずかしくて行けません。

でもそんな事いってたらいつまでたっても脱毛できないので、とりあえずエステに行ってみるしかないのかなって思ってます。

ちょうど最近、自宅の近く(愛知県春日井市に住んでます)に脱毛サロンが出来たんです。

※こちら・・・春日井市の脱毛サロン

こちらで一度相談してみようと思ってます。

わきの色素沈着を治すことは可能か

現在、わきのムダ毛の処理をカミソリで行っているという人はたくさんいると思います。

カミソリでわきのムダ毛の処理をするというのはスタンダードな方法だと思いますが、カミソリでのムダ毛の処理は黒ずみの原因となってしまうので注意が必要です。

皆さんのなかにもわきの黒ずみで悩んでいる人もいるかもしれませんが、ひょっとしたらカミソリでのムダ毛の処理が原因となっているかもしれませんね。

周囲の目に触れることになっても大丈夫なようにムダ毛の処理をしてキレイにしようとしているのに黒ずみが出来てしまったら困りますよね。

カミソリを使用してムダ毛の処理をするとどうしても肌の表面を傷つけてしまいます。皆さんも処理後に肌が痛くなったり、ヒリヒリした経験があると思います。

ダメージを受けた肌は回復しようとするのですが、完全に回復する前にまたムダ毛処理をすると、肌がもっと強くなってダメージから守ろうとして肌がかたくなってしまい色素沈着を起こし、黒ずみとなってしまうのです。

よって、カミソリによるムダ毛の処理を続けていると黒ずみは悪化することはあっても改善することは期待できません。

そこで、サロンでわき脱毛してみるというのも一つの改善方法になります。わき脱毛を行なってカミソリでムダ毛の処理をする必要がなくなれば、肌の回復する力を遮るものがなくなって、徐々に黒ずみも目立たなくなっていくことでしょう。

黒ずみが気になるという人はわき脱毛を検討みてみるとよいでしょう。

最近は医療レーザー脱毛も脇の脱毛を安非費用で受けることが出来ますよ。<レーザー脱毛 横浜

業界全体を知ろう

スーパーマーケット業界の基礎知識

現在の日本の消費市場は150兆円に達しており、その中で大手小売企業の総売上が占める売り上げは40兆円に達しようとしています。

このコーナーでは今や私たちの生活に欠かせない存在となったスーパーマーケットの概要とそれを取り巻く社会全体の業種の内訳をご紹介し、今後のスーパーマーケット業界の展望についてお話していきます。

皆さんが就職先を決めるにあたり重要な目安となる業種・業界は大別すると図のような構造になっています。

1.メーカー(自社で工場を持ち商品を製造する製造業)

2.商社(総合商社ではなく専門商社で、大半は問屋のことで本来は卸売業と呼びます)

3.小売り(商品を消費者に直接供給する小売業)

この1→2→3の基本の商品の流れに合わせてお金が動き4の金融(銀行など)を成り立たせます。

また、お金や商品の流れとともに5の情報がついて回り情報産業を発展させています。

6のサービス産業は付加価値としてのサービスはもちろん、アウトソーシングの流れに乗ったサービスの提供を主としたビジネスも生み出しています。

この1メーカー 2商社 3小売り 4金融 5情報 6サービスが就職6大業種です。

「第一志望は流通業界です」という声をよく耳にしますが、大半の方は流通=小売業=スーパーマーケットやコンビニエンスストアという意味で流通という言葉を使われているようです。

しかし流通とは図にあるようにメーカーが作った商品を消費者に届けるまでのプロセス全体を指したもので広義には商社(卸売業、問屋)と小売業の両方を含めて流通といいます。

流通とは卸売り機能を果たすホールセラーと小売り機能を果たすリテイラーから成り立つ広い意味の機能があります。

同じ流通でも小売業と卸売業では仕事内容や会社の風土がまったく異なります。