業界全体を知ろう

スーパーマーケット業界の基礎知識

現在の日本の消費市場は150兆円に達しており、その中で大手小売企業の総売上が占める売り上げは40兆円に達しようとしています。

このコーナーでは今や私たちの生活に欠かせない存在となったスーパーマーケットの概要とそれを取り巻く社会全体の業種の内訳をご紹介し、今後のスーパーマーケット業界の展望についてお話していきます。

皆さんが就職先を決めるにあたり重要な目安となる業種・業界は大別すると図のような構造になっています。

1.メーカー(自社で工場を持ち商品を製造する製造業)

2.商社(総合商社ではなく専門商社で、大半は問屋のことで本来は卸売業と呼びます)

3.小売り(商品を消費者に直接供給する小売業)

この1→2→3の基本の商品の流れに合わせてお金が動き4の金融(銀行など)を成り立たせます。

また、お金や商品の流れとともに5の情報がついて回り情報産業を発展させています。

6のサービス産業は付加価値としてのサービスはもちろん、アウトソーシングの流れに乗ったサービスの提供を主としたビジネスも生み出しています。

この1メーカー 2商社 3小売り 4金融 5情報 6サービスが就職6大業種です。

「第一志望は流通業界です」という声をよく耳にしますが、大半の方は流通=小売業=スーパーマーケットやコンビニエンスストアという意味で流通という言葉を使われているようです。

しかし流通とは図にあるようにメーカーが作った商品を消費者に届けるまでのプロセス全体を指したもので広義には商社(卸売業、問屋)と小売業の両方を含めて流通といいます。

流通とは卸売り機能を果たすホールセラーと小売り機能を果たすリテイラーから成り立つ広い意味の機能があります。

同じ流通でも小売業と卸売業では仕事内容や会社の風土がまったく異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です